頭皮の臭いにうがい薬のイソジンが効果的って本当?

仕事柄1日中歩き回る人は、特に頭が蒸れて湿った状態になるでしょう。
そうなると、頭皮に雑菌が繁殖して臭いも発生します。

毎日シャンプーしてキレイに洗っても頭皮の臭いが取れない人は、しっかりと菌が落とせていないか、シャンプー自体に菌を落とす効果がないのかのどちらかでしょう。

そんな時に、簡単にできるのが「うがい薬のイソジン」を使った殺菌方法です。
イソジンの成分に含まれるポビドンヨードが、蒸れた頭皮に付いている菌を殺菌、そして消臭してくれるのです。
ポビドンヨードの持続効果は他の消毒剤と比較して高く、手術前の皮膚消毒といった分野で使用されることが多いようです

イソジンを使った殺菌方法ですが、イソジンを洗面器に10~20ccほど入れます。これに水を入れて薄めます。あとは、このイソジン液を頭皮にかけるだけです。シャンプーのあとがより効果的です。

イソジンは消毒液で臭いが強いのですが、薄めることで和らぎますし、最後に洗い流すことで臭いは残りません。
注意点として、頭にすり傷や炎症などある人は、使用を控えなくてはいけません。

イソジンとは何?

イソジンR」は殺菌消毒成分として名高い、ポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とする消毒薬です。
ポビドンヨード(PVP-I)とは、ヨウ素の強い酸化作用を利用した殺菌消毒成分です。
イソジンRの有効成分であるポビドンヨード(PVP-I)が広範な領域の微生物に対して、殺菌・消毒作用を持ちます。

ここでイソジンRの歴史を振り返ってみます。
日本では1961年の登場以来、55年にわたって、殺菌消毒剤として使われてきたイソジンRです。

フランスで発見されたヨウ素
PVP-Iの主役であるヨウ素は150年以上前から、感染症予防や傷の治療に使用されてきました。
人との密接な関係は、ナポレオンのエジプト遠征までさかのぼるといわれています。

元素としてのヨウ素が発見されたのは1811年で、フランスの硝石産業に従事するベルナール・クールトワ(1777-1838)によってということです。
紫色を意味するギリシャ語(ioeids)からiodine(ヨウ素)と命名されたのです。

イソジンの意外な使い方

うがい

アトピーがひどくなって辛いことはないでしょうか。
かきむしってしまうともっとひどくなるし、触ると痛みを感じることもあります。

また、ある程度治まるまではどうにもならないという時もあるでしょう。
そんなときにおすすめしたいのが「イソジン」なのです。
イソジンはどこのドラッグストアにも置いてあるうがい薬です。

当然、「うがい薬」として販売されていますし、テレビCMでもうがい薬としてPRされているので知らない人がいないくらいです。

しかし、実はイソジンはうがい薬としてだけでなく、消毒液としても使える優秀な薬です。
そして、このイソジンの消毒効果が、アトピー性皮膚炎に効果的なのです。
それは、インターネットを中心に話題となっているのです。

それでは、なぜイソジンがアトピーに効果的なのでしょうか。
そして、どのように使用すればいいのでしょうか。
アトピー性皮膚炎の原因は「黄色ブドウ球菌」という常在菌が増えすぎているためです。

これは、マウス実験によっても明らかになっていて、通常の人よりもアトピー性皮膚炎の人の皮膚は常在菌の種類が少なく、その代わりに黄色ブドウ球菌が多くを占めてしまっているのです。

そこで、黄色ブドウ球菌の数を減らすとどうなるのかというと、アトピー性皮膚炎の症状が治まります。
アトピー性皮膚炎の人は海に入ると良いと言われていますが、海水には黄色ブドウ球菌を減らす効果があるからなのです。

イソジンには優秀な殺菌効果があります
このイソジンの殺菌効果は黄色ブドウ球菌にも有効です。
黄色ブドウ球菌はどんな人の皮膚にもいる常在菌ですから、完全に殺菌することはできません。
しかし、イソジンを使うことで、黄色ブドウ球菌の数を減らすことが可能なのです。

頭皮ケアは家にあるオリーブオイルで簡単にできる

頭皮環境が悪くなると抜け毛が増えてしまったり薄毛になったりしますので、毎日しっかりケアする必要があります。

ケアを怠るとすぐに頭皮環境が悪くなりますので気を付けておかなければいけません

そんな頭皮ケアを毎日しっかり行っていない人や、これから頭皮ケアを始めてみようと考えている人は、どのような頭皮ケアが効果的で良いのかご存知でしょうか?

そこで参考にしてもらいたいのがオリーブオイルを使用して頭皮ケアすることです。

では、どうしてオリーブオイルで頭皮ケアするのが良いのでしょうか?

それは、オリーブオイルの成分が頭皮の脂に近いからです。

同じような成分が含まれていることによって頭皮に負担をかけることなくケアできます。

また、頭皮への刺激が強すぎないので安全ですし、コストもあまりかかりませんので経済的にも良いでしょう。

それに、オリーブオイルは頭皮に馴染みやすいので地肌や毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

それと、オリーブオイルに含まれるオレイン酸はマッサージすることによって古い皮脂を浮かせて落とすことができますし、頭皮に必要な潤いは残してくれますので乾燥を防いでフケや痒みも抑えることが可能となります。

このようなオリーブオイルを使用した頭皮ケアを行ってからシャンプーするとより効果的ですので、頭皮のトラブルを防ぐためにも週に2回は行うようにしましょう。

オイルで簡単な頭皮クレンジングとは

オリーブ

オイルを使用した頭皮クレンジングは頭皮環境を良くできますのでフケや痒みなどを防ぐことができますし、抜け毛や薄毛を防ぐこともできますので行ったほうが良いです。

では、オリーブオイルを使用した頭皮クレンジングはどのように行えば良いのでしょうか?

まず、オリーブオイルを使用する前の準備として髪の毛をしっかりブラッシングしておきます。

そうすることによって髪の毛や頭皮に付着している汚れを取り除くことができます。

次にオリーブオイルを手に平に3センチくらい出してしっかり伸ばし、それを頭皮全体に馴染ませてあげます。

この時に注意してほしいのが髪の毛につけるのではなく頭皮に直接塗ることです。

そして、頭皮につけたオリーブオイルを両手の指の腹でしっかり馴染ませ、優しくマッサージするように押したりタッピングしたりします。

約5分しっかりマッサージして馴染ませたら15分くらいおき、その後は軽く洗い流してシャンプーします。

オリーブオイルを使用していないときのシャンプーではなく、皮脂が浮き上がっていますので優しくシャンプーしてあげるだけで良いです。

このような頭皮クレンジングは頭皮や毛穴などの汚れが綺麗に落ちますのでさっぱりして気持ち良いのですが、だからと言って毎日行うと必要な皮脂まで取り除く可能性がありますので、多くても週に2回までにしておきましょう。

最後にドライヤーで乾かしますが、頭皮が濡れたままですと雑菌が繁殖しやすくなりますので、乾かし過ぎも駄目ですが程よく乾かすように心がけてください。

オリーブオイルに育毛効果は?

オリーブオイルを使用した頭皮クレンジングは育毛効果も期待できます。

頭皮クレンジングは毛穴の汚れを取り除くことができますし、頭皮環境が良くなるということは血行が良くなります。

そうなると髪の成長に必要な栄養が行き届きやすくなり、健康で抜けにくい髪に成長させることができます。

また、オリーブオイルに含まれるビタミンEやポリフェノールが頭皮を保護しますし血行を良くする効果もあります。

それに、オリーブオイルに含まれるオレイン酸が頭皮の乾燥を防いでくれますので、乾燥が原因となる抜け毛を防ぐことも可能となります。

さらに、アンチエイジング効果もありますので老化による抜け毛や薄毛などにも効果が期待できます。