頭皮の臭いにうがい薬のイソジンが効果的って本当?

仕事柄1日中歩き回る人は、特に頭が蒸れて湿った状態になるでしょう。
そうなると、頭皮に雑菌が繁殖して臭いも発生します。

毎日シャンプーしてキレイに洗っても頭皮の臭いが取れない人は、しっかりと菌が落とせていないか、シャンプー自体に菌を落とす効果がないのかのどちらかでしょう。

そんな時に、簡単にできるのが「うがい薬のイソジン」を使った殺菌方法です。
イソジンの成分に含まれるポビドンヨードが、蒸れた頭皮に付いている菌を殺菌、そして消臭してくれるのです。
ポビドンヨードの持続効果は他の消毒剤と比較して高く、手術前の皮膚消毒といった分野で使用されることが多いようです

イソジンを使った殺菌方法ですが、イソジンを洗面器に10~20ccほど入れます。これに水を入れて薄めます。あとは、このイソジン液を頭皮にかけるだけです。シャンプーのあとがより効果的です。

イソジンは消毒液で臭いが強いのですが、薄めることで和らぎますし、最後に洗い流すことで臭いは残りません。
注意点として、頭にすり傷や炎症などある人は、使用を控えなくてはいけません。

イソジンとは何?

イソジンR」は殺菌消毒成分として名高い、ポビドンヨード(PVP-I)を有効成分とする消毒薬です。
ポビドンヨード(PVP-I)とは、ヨウ素の強い酸化作用を利用した殺菌消毒成分です。
イソジンRの有効成分であるポビドンヨード(PVP-I)が広範な領域の微生物に対して、殺菌・消毒作用を持ちます。

ここでイソジンRの歴史を振り返ってみます。
日本では1961年の登場以来、55年にわたって、殺菌消毒剤として使われてきたイソジンRです。

フランスで発見されたヨウ素
PVP-Iの主役であるヨウ素は150年以上前から、感染症予防や傷の治療に使用されてきました。
人との密接な関係は、ナポレオンのエジプト遠征までさかのぼるといわれています。

元素としてのヨウ素が発見されたのは1811年で、フランスの硝石産業に従事するベルナール・クールトワ(1777-1838)によってということです。
紫色を意味するギリシャ語(ioeids)からiodine(ヨウ素)と命名されたのです。

イソジンの意外な使い方

うがい

アトピーがひどくなって辛いことはないでしょうか。
かきむしってしまうともっとひどくなるし、触ると痛みを感じることもあります。

また、ある程度治まるまではどうにもならないという時もあるでしょう。
そんなときにおすすめしたいのが「イソジン」なのです。
イソジンはどこのドラッグストアにも置いてあるうがい薬です。

当然、「うがい薬」として販売されていますし、テレビCMでもうがい薬としてPRされているので知らない人がいないくらいです。

しかし、実はイソジンはうがい薬としてだけでなく、消毒液としても使える優秀な薬です。
そして、このイソジンの消毒効果が、アトピー性皮膚炎に効果的なのです。
それは、インターネットを中心に話題となっているのです。

それでは、なぜイソジンがアトピーに効果的なのでしょうか。
そして、どのように使用すればいいのでしょうか。
アトピー性皮膚炎の原因は「黄色ブドウ球菌」という常在菌が増えすぎているためです。

これは、マウス実験によっても明らかになっていて、通常の人よりもアトピー性皮膚炎の人の皮膚は常在菌の種類が少なく、その代わりに黄色ブドウ球菌が多くを占めてしまっているのです。

そこで、黄色ブドウ球菌の数を減らすとどうなるのかというと、アトピー性皮膚炎の症状が治まります。
アトピー性皮膚炎の人は海に入ると良いと言われていますが、海水には黄色ブドウ球菌を減らす効果があるからなのです。

イソジンには優秀な殺菌効果があります
このイソジンの殺菌効果は黄色ブドウ球菌にも有効です。
黄色ブドウ球菌はどんな人の皮膚にもいる常在菌ですから、完全に殺菌することはできません。
しかし、イソジンを使うことで、黄色ブドウ球菌の数を減らすことが可能なのです。

やたら大きなフケが出るのは病気?その原因とケア方法

頭皮や髪の毛に関する悩みは誰でもあるのですが、放置しておいても解決しませんし、酷くなってしまうことがありますので原因と対策を知って早めに対応する必要があります。

そんな頭皮などに関する悩みの一つにフケが出るということもあるでしょう。

毎日しっかりシャンプーしたりヘアケアしたりしてるのにフケが出てしまうという人もいるのではないでしょうか。

スーツなどにフケが付いていると目立ちますし不潔と思われてしまうこともあります。

それに、髪の毛にフケが付いていると様々なことで悪影響を及ぼしてしまい、なかには仕事で失敗してしまう人もいます。

こうした厄介なフケですが、フケと言えば粉状の小さなものを思い浮かべてしまいますが、大きなフケが出てしまうこともあります。

大きなフケが出る原因は頭皮にいる菌が増殖することによって起きます。

小さいフケは頭皮が乾燥することによって発生しますが、大きなフケは乾燥が原因ではなく頭皮にいる常在菌が異常繁殖することによって発生します。

また、小さなフケはしっかりケアすることによって無くすことができますが、大きなフケは殺菌しない限り発生し続けますので、対策をとって完全に発生しなくなるまで続けなければいけません。

対策は食生活の見直しやシャンプーを変えることです。

食生活ではタンパク質やビタミンBを摂取するようにし、できるだけ栄養バランスが偏らない食事に心がけることです。

シャンプーは殺菌力があるものや頭皮が乾燥し過ぎにものを使用し、洗う時は頭皮を優しくマッサージするようにしましょう。

頭皮のフケをしっかり取ろうとゴシゴシする人もいますが、これはフケを増やして逆効果になることもありますので注意してください。

子供のフケにも注意!いじめの原因になることも
イジメ

子供はちょっとしたことで人をからかったりいじめたりします。

おしっこやうんこを漏らせば当たり前のようにいじめますし、容姿や学力の低さなどでもいじめの原因になってしまうことがあります

また、頭や肩にフケが付いているだけでもいじめの原因になることもあり、フケのことを詳しく知らないのに不潔と思っていじめてしまうのです。

頭にホコリが付いていると言えば誤魔化せることもできますが、子供というのは1度いじめ始めるとどんどんエスカレートしていきますので、最終的にはフケとは全く関係ないことでいじめることもあります。

それに、いじめられている人の気持ちは全く理解しようとしませんので、最悪の場合はいじめられている子が自殺してしまうこともあります。

たかがフケと思うのは大間違いですし、子供のいじめは予想以上に残酷ですので、自分の子供がフケを出していたらしっかり治すようにしてあげましょう。

早く改善してあげないといじめられる可能性がありますので早めの対応に心がけておきましょう。

フケで分かる病気

フケに黒い点が付いているときは白癬菌に感染している可能性が考えられます。

白癬菌が頭皮にいると髪の毛の成長を妨げることや髪の毛自体を細くして抜け毛の原因になることがあります。

また、白癬菌に感染してしまうと皮膚病になってフケを増やしてしまいますし、頭皮の角質に寄生しますと中々治らなくなります。

それに、脂漏性皮膚炎の可能性もありますので、毎日のケアだけでは改善することが厳しくなります。

中々治らないときは皮膚科に行って医師に診てもらい、薬を処方してもらうのが最も効果的な治療法と言えます。

黒い点は見逃すことがよくありますので、頭皮を毎日しっかりチェックし、少しでも異変があったらすぐに対応するようにしましょう。

放っておくと薄毛や抜け毛の原因になってしまうこともありますので気をつけてください。

頭皮ケアは家にあるオリーブオイルで簡単にできる

頭皮環境が悪くなると抜け毛が増えてしまったり薄毛になったりしますので、毎日しっかりケアする必要があります。

ケアを怠るとすぐに頭皮環境が悪くなりますので気を付けておかなければいけません

そんな頭皮ケアを毎日しっかり行っていない人や、これから頭皮ケアを始めてみようと考えている人は、どのような頭皮ケアが効果的で良いのかご存知でしょうか?

そこで参考にしてもらいたいのがオリーブオイルを使用して頭皮ケアすることです。

では、どうしてオリーブオイルで頭皮ケアするのが良いのでしょうか?

それは、オリーブオイルの成分が頭皮の脂に近いからです。

同じような成分が含まれていることによって頭皮に負担をかけることなくケアできます。

また、頭皮への刺激が強すぎないので安全ですし、コストもあまりかかりませんので経済的にも良いでしょう。

それに、オリーブオイルは頭皮に馴染みやすいので地肌や毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

それと、オリーブオイルに含まれるオレイン酸はマッサージすることによって古い皮脂を浮かせて落とすことができますし、頭皮に必要な潤いは残してくれますので乾燥を防いでフケや痒みも抑えることが可能となります。

このようなオリーブオイルを使用した頭皮ケアを行ってからシャンプーするとより効果的ですので、頭皮のトラブルを防ぐためにも週に2回は行うようにしましょう。

オイルで簡単な頭皮クレンジングとは

オリーブ

オイルを使用した頭皮クレンジングは頭皮環境を良くできますのでフケや痒みなどを防ぐことができますし、抜け毛や薄毛を防ぐこともできますので行ったほうが良いです。

では、オリーブオイルを使用した頭皮クレンジングはどのように行えば良いのでしょうか?

まず、オリーブオイルを使用する前の準備として髪の毛をしっかりブラッシングしておきます。

そうすることによって髪の毛や頭皮に付着している汚れを取り除くことができます。

次にオリーブオイルを手に平に3センチくらい出してしっかり伸ばし、それを頭皮全体に馴染ませてあげます。

この時に注意してほしいのが髪の毛につけるのではなく頭皮に直接塗ることです。

そして、頭皮につけたオリーブオイルを両手の指の腹でしっかり馴染ませ、優しくマッサージするように押したりタッピングしたりします。

約5分しっかりマッサージして馴染ませたら15分くらいおき、その後は軽く洗い流してシャンプーします。

オリーブオイルを使用していないときのシャンプーではなく、皮脂が浮き上がっていますので優しくシャンプーしてあげるだけで良いです。

このような頭皮クレンジングは頭皮や毛穴などの汚れが綺麗に落ちますのでさっぱりして気持ち良いのですが、だからと言って毎日行うと必要な皮脂まで取り除く可能性がありますので、多くても週に2回までにしておきましょう。

最後にドライヤーで乾かしますが、頭皮が濡れたままですと雑菌が繁殖しやすくなりますので、乾かし過ぎも駄目ですが程よく乾かすように心がけてください。

オリーブオイルに育毛効果は?

オリーブオイルを使用した頭皮クレンジングは育毛効果も期待できます。

頭皮クレンジングは毛穴の汚れを取り除くことができますし、頭皮環境が良くなるということは血行が良くなります。

そうなると髪の成長に必要な栄養が行き届きやすくなり、健康で抜けにくい髪に成長させることができます。

また、オリーブオイルに含まれるビタミンEやポリフェノールが頭皮を保護しますし血行を良くする効果もあります。

それに、オリーブオイルに含まれるオレイン酸が頭皮の乾燥を防いでくれますので、乾燥が原因となる抜け毛を防ぐことも可能となります。

さらに、アンチエイジング効果もありますので老化による抜け毛や薄毛などにも効果が期待できます。

抜け毛が悪化!まずは何から始めるべき?

目が覚めると枕にたくさんの抜け毛が…

気がついたら洗面所に大量の髪の毛が…

シャンプーしたら排水溝にものすごい髪の毛が…

このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

抜け毛の恐怖というのはとても恐ろしいものです。

「自分はまだまだ先」と思っている人もいることでしょう

「ついに来たか」と思う人もいると思います。

実は髪が抜けるのは普通の事です

大量の抜け毛を見てしまうと、多くの人は「髪が抜けてる?」と、焦ってしまいがちです。

抜け毛があるというのは正常な事なのです。

へアサイクルということですね。

人の髪の毛は、常に生え替わっているからです。

一日に平均100本の髪の毛が抜けるとされていて、それと同じ量の髪の毛が誕生しているということです。

問題は、抜ける生えるといった髪の毛の量が均衡だったらいいのですが、これが加齢とともに抜けるほうが多くなっていったら大変です。

男性でしたらAGA(男性型脱毛症)の疑いが高まってくるのです。

男性の75%はAGA(男性型脱毛症)になる可能性があるということですから、来たら来たであきらめるしかないのかもしれません。

抜け毛の原因がヘアサイクルなのか、AGAが原因なのかはすぐにはわからないのが普通です。

ですから、自分の感覚を信じていつもより抜け毛の数が気になるようになったら病院で医師の診断を受けてもいいでしょう。

その前に自分でできることもあります。

まずは以下の項目をチェックしましょう。

抜け毛の髪の太さが細い(十分に育っていないまま抜けている)

抜け毛が毎日100本以上あるようだ

頭皮がかゆい、フケが増えた

生えぎわが薄くなったようだ

髪をとかすと短い毛が目立つ、髪の毛が抜ける

以上のことが一つでもあったら抜け毛を気にしたほうがいいでしょう。

まずは、シャンプーの見直しから頭皮環境の改善に努めるようにしましょう。

最短で抜け毛をストップさせる方法

抜け毛を止める方法として最も効果が出るのが育毛剤です。

早い人では育毛剤の仕様を始めて3日程度で抜け毛が止まる効果を感じる人もいるようです。

育毛剤は毛根に栄養素をダイレクトに送る方法を用いることが多く、最も早く抜け毛を止める効果が期待できるのです。

他には、飲むタイプの育毛サプリがあります

こちらは効果が出るのが早い人で、1週間程度ということです。

体の内側から毛根に栄養を与えて抜け毛を止める方法です。

さらに、育毛マッサージでも抜け毛を止める効果があります。

育毛マッサージをすることによって頭皮の血行が良くなるのです。

育毛マッサージ単体では今すぐ抜け毛を止めることはできません。

効果を感じるには時間がかかる方法ともいえます。

ですので、育毛剤を使用するなど、併用がもっとも効果的と言えるでしょう。

抜け毛を予防するためにも、シャンプーの後は育毛マッサージを習慣化するようにしたいものです。

パーマやカラーで抜け毛は悪化する

パーマで抜け毛が発生する事はほとんどありません。

パーマは髪に悪いというのは、確かにそうなのですが、パーマ液は髪の毛に対して作用するものです。

ですから、抜け毛に影響を及ぼすのではなく、気をつけなければいけないのは切れ毛に対してです。

パーマ液を髪につけると髪内部のタンパク質が分解されます。

それによって、髪自体が細くなるのです。

細くなった髪の毛はコシもなく弱くなってしまうので、ちょっとしたことでも切れやすいのです。

そのような切れ毛が抜け毛と勘違いされて、パーマをかけると抜け毛が進行するという誤った風潮になってしまったということですね。

ゆるいパーマを一度かけたくらいでは、あまり感じないかもしれません。

しかし、きつめのパーマを頻繁にかけていると、切れ毛が発生しやすくなるでしょう。

ですから、パーマ液自体は髪の毛に対してそのような影響を与えるので切れ毛の心配をするようにします。

そして、問題があるとしたら、パーマ液が頭皮に付着してしまって毛穴を塞いでいる状態が続く場合です。

この場合は、抜け毛の原因になることが多いです。

ですから、パーマについては一般の人が自分で行うようなものではありません。

必ず美容院で行うようにしましょう。

パーマによる大量の抜け毛の心配はありません。

しかし、美容師さんの腕によっては頭皮にパーマ液がつく可能性も十分に考えられます。

その点には注意したいところです。

ネットで調べてみると、最近のパーマ液は安全ということになっていますが…、

それでも十分に注意したいほうがいいでしょう。

パーマ液は劇薬だということをしっかりと理解しておきたいものです。

抜け毛の原因になる食べ物

チーズ

刺激物や冷たいもの、脂っこい食べ物は抜け毛の原因になることはよく知られています。

塩辛いものなどの刺激物や血行を悪くする冷たい食べ物は、特に抜け毛の原因となってしまうのです。

これらの食品の食べ過ぎには、十分な注意が必要です。

例えば、キムチやカレーといった、香辛料の効いた食べ物などですね。

動物性脂肪などの油分の多い食べ物も抜け毛に大きな影響を与えるとされています。

肉類は適度に取り、バターやチーズなどは食べ過ぎないようにしたほうがいいでしょう。

また、お菓子やジュース類など糖分の多い食べ物も皮脂の分泌を過剰にする作用があります。

このように書いてみると、食べるものがなくなりそうですが、抜け毛に特化したらこうなるということです。

理想的なのはバランスの良い食事です。

これらの食べ物は、少量であれば問題ないので過剰に神経質になる必要もないでしょう。

何事も食べ過ぎは良くないということを念頭に入れておきたいものです

知らない人が多すぎる!男性と女性では抜け毛の原因とケア方法が違う

男性と女性では抜け毛を発症する原因が違うため、ケアの方法も違ってきます。

男性の抜け毛は、男性ホルモンの影響による体質的なもので起こることが多く、親から薄毛になりやすい体質が遺伝していることが多いです。

最近では、日常的ストレスによる男性型脱毛症「AGA」を発症する男性も増えてきていますが、体質的なものが原因で薄毛を発症する男性が多いです。
それに比べて女性の場合、男性ホルモンの影響を受けにくいので、体質的なものというよりは日常的ストレスによるダメージで抜け毛を発症することが多いです。

過度なヘアケア、毛染めなどのファッション、ダイエットによる栄養不足などで体にストレスが溜まり、髪の毛が抜けやすくなり、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまうのです。
男性の抜け毛は、生え際や頭頂部を中心に症状が進行し、女性は頭頂部を中心に全体の髪の毛が薄くなるという違いもあります。

男性と女性では抜け毛の原因が違いますし、症状の出方も違うため、それぞれに合ったケアをしていくことが大切です。
また、育毛剤などを使用してケアをするときにも、症状や原因に合わせて育毛剤の種類を選ぶと良いです。

それぞれの原因

男性が抜け毛を発症する主な原因は、“男性ホルモン”です。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが増殖すると、髪の毛を育てるサイクルに変動が起こり、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまいます。
男性ホルモンの量が多いと抜け毛になるのではなく、通常の男性ホルモンが変異してジヒドロテストステロンが増殖することで症状が出やすくなります。

そのため、親からの遺伝で男性ホルモンが変異しやすい体質を持っていると、将来抜け毛・薄毛になりやすくなると言われています。
また、生活習慣の乱れや日常的に感じているストレスなどによって、ジヒドロテストステロンが増殖することもあります。
男性ホルモンが原因で起こる男性の抜け毛は、生え際や頭頂部から症状が進行することが多く、髪の毛が抜け落ちてハゲることもあります。
女性は、“女性ホルモン”や“加齢”が原因で抜け毛を発症することが多く、男性の抜け毛とは症状の出方も異なります。

普段の生活で溜まったストレスで女性ホルモンの量が変動したり、加齢で女性ホルモンが減少することで、頭部全体の髪の毛のボリュームが減っていきます。
妊娠・出産を経験したり、ヘアアレンジで髪の毛に負担が掛かることで、一気に髪の毛が抜けることもあります。

男性だけ使える育毛剤

男性の抜け毛を予防・改善するために、育毛剤を使用してケアをしてみるのもひとつの方法です。
育毛剤は、薬局やドラッグストアなどで手軽に購入できますし、インターネット通販で自宅にいながら手に入れることも可能です。
育毛剤を使用していることを他人に知られずに、こっそりとケアを始めたいと考えている人は、インターネット通販で購入すると良いでしょう。

また、男性用の育毛剤にはさまざまな種類があり、商品によっては成分の配合などが異なります。
症状に合わせた成分が配合されているものもあるので、購入する前にはパッケージをよく確認することをおすすめします。
例えば、男性型脱毛症であるAGAには「フェナステリド」が有効であるなど、自分の症状に効果を発揮する成分を知っておくのも良いでしょう。

有効成分がどれだけ毛根までしっかりと浸透するかということも、育毛剤を選ぶときに重視したいポイントです。
どれだけ良い成分が含まれている育毛剤でも、頭皮に浸透せず流れ落ちてしまっては意味がありません。
有効成分が確実に毛根まで浸透する育毛剤を選び、より高い効果を得られるようにしたいですね。
男性用育毛剤は香りが強いものもあるので、使いやすいかどうかも考えたいですね。

女性だけ使える育毛剤

女性用の育毛剤も男性用育毛剤と同じように、たくさんの種類があります。
抜け毛を予防していつまでも若々しくあるために、育毛剤を使用して髪の毛の手入れをしていくと良いでしょう。
まず気を付けたいのが、女性が男性用育毛剤を使用するのは避けたほうが良いということです。

男性用育毛剤は薬局やドラッグストアで数多く販売されているため、手軽に購入できるなどの理由から、男性用育毛剤でもよいと思ってしまう女性もいるかもしれません。

しかし、男性用育毛剤に配合されている成分は、女性の頭皮には強い刺激となってしまうことがあります。
女性用育毛剤なら、女性のデリケートな頭皮にも強い刺激を与えない配合になっていることが多いので、安心してケアを続けていけるでしょう。
保湿成分や美容成分が豊富に含まれている女性用育毛剤もあり、抜け毛を予防するために大切な頭皮環境の維持にも高い効果を期待できます。

女性用育毛剤でも、育毛・発毛成分が多く含まれているものもありますが、まずは気軽に髪の毛のケアを始めてみたいと思っている人は、保湿成分などが配合されている使いやすいものから挑戦してみても良いかもしれません。
女性のために作られている育毛剤なので、香りがきつくなく、外出前にも使用できるものが多いです。

共通の注意点は?

男女

男性の育毛剤も、女性の育毛剤も、自分の頭皮に合ったものを選ぶことが大切です。
自分に合わない育毛剤を選ぶと、育毛剤でケアをしていたはずが、逆に頭皮にダメージを与えることになりかねません。
初めて使用する育毛剤でケアをするときには、頭皮の状態の変化によく注意しながら、自分に合っているかどうかを判断していきましょう。

また、成分の“浸透力”に注目することも大切です。
育毛剤の価格はピンからキリまであり、高い育毛剤には有効成分が多く配合されていたりします。
しかし、どれだけ良い成分が配合されていても、毛根にきちんと浸透しなければ効果が薄れてしまいます。
育毛剤を使用したときに、ピリッとした刺激を感じるものや、スーッとしたひんやり感があるものも多いですが、清涼感=浸透している、ではないので注意しましょう。

浸透力は、分子量の大きさで決まります。

有効成分の分子が大きいと、皮膚表面に留まってうまく吸収されなくなるので、スムーズに体内に取り込まれるような工夫がされている育毛剤を選びましょう。
育毛剤を使用するときに、余分な皮脂を洗い落として頭皮を清潔な状態にしておくことや、血行が良くなるよう頭皮マッサージをしておくことなども効果的です。