小顔に見せる方法

リファ・公式サイト↓

顔が大きいだけで損してる!小顔に見せる方法

男性は大きな顔の女性をあまり好みません。

 

どんなにきれいな顔をしていても、スタイルが良くても顔が人よりも大きいだけで不格好に見えてしまうのです。

 

女性にとって大きな損ではないでしょうか?

 

 

もし、気になる人ができても、その人が大きな顔を好きになってくれると思いますか?

 

顔ではなく性格が重要などという人もいますが、実際は見た目から入る人の方が多いはずです。

 

 

芸能人やモデルさんの顔を見てください!

 

信じられないほど小さく、一般の人と並ぶとその違いは歴然です。

 

街中で偶然雑誌の撮影に遭遇したとき、ポーズをとるモデルさんの顔は私の半分しかないと思えるほどの小ささでした。

 

まるで握りこぶしみたいです。

 

小顔 撮影

 

やはり、顔が小さいだけでその人の印象は大きく異なり、体全体のバランスまで変わるものです。

 

顔の大きさはもって生まれたものだから仕方がないと思いますよね?

 

確かにそうですが、毎日の生活習慣で骨格が歪み顔が大きくなっている人も多いのです!

 

歪みを解消するだけで、その人の顔の印象は大きく変わり、全体のバランスまでよく見えるから不思議です。

 

生活の中で歪みを生じることを避け、小顔を目指してはいかがでしょうか?

 

 

写真を撮ったら自分だけ顔がでかい!小顔効果抜群の撮影法

 

友達と撮った写真を見たとき、自分の顔だけが驚くほど大きかった経験はありませんか?

 

私はあります・・・

 

そんなとき、自分の顔が誰だけ大きいのか思い知らされます。

 

大きな顔の人の隣に並んだり、二重顎を隠すために顎を引いてみたり、色々やってはみますが効果はいまいち。

 

小顔 撮影テクニック

 

実は、写真を撮る時にちょっとした工夫をすることで、驚くほど小顔効果が期待できるのです。

 

仲の良い友人同士で自撮りすることって多いですよね?

 

このときは、少し上から撮影し端よりも中央に並ぶようにします。

 

カメラの構造上、端の人は少し伸びてしまうので、顔も多少引き伸ばされた状態になるからです。

 

学校や職場での集合写真の時も、遠慮して端に並んでしまうと顔が大きく映ってしまいます。

 

堂々と中央の一番良い場所に陣取りましょう。

 

 

また、髪型にも注意が必要で、こめかみを隠し顔の周りの髪をペタンコにします。

 

ふんわりした状態だと、顔まで大きく見えてしまうからです。

 

大きなピアスやカチューシャも小顔効果が高いので、事前に写真を撮ることが分かっている日は、顔の周りのアクセサリーを大きめにしてみましょう。

 

 

このように、ちょっとした工夫をするだけで、写真に写る自分の顔が別人のように小さく見えるはずです。

 

是非お試しください。

公式サイト↓