エラの原因は骨ではない場合も?

リファ・公式サイト↓

エラの原因は骨ではない場合も?

小顔 フェイスライン

 

エラのないシャープなフェイスラインって憧れますよね?

 

顔の大きい小さいにかかわらず、エラがあるだけでなんだから顔が四角く広がった印象になります。

 

スタイルが良い人でも顔だけ見ると太って見える場合もあり、エラがあるだけで相当損をしていることになります。

 

 

韓国では日本以上にエラを嫌がる人が多く、整形によって削っている人もたくさんいます。

 

日本ではそこまで大掛かりな整形手術を受ける人は少なく、できれば自分で何とかしたいと思う人がほとんどではないでしょうか?

 

 

エラは顔の輪郭の一部で骨なので、自分で動かすことや矯正することはできないはずです。

 

しかし、自分ではエラだと思っていたのに実際は筋肉やたるみだったとういうケースがとても多いそうです。

 

若いころはなかったはずのエラがどんどん出てきた、エラが大きくなってきたと感じている人は一度その部分を触ってみてください。

 

筋肉や脂肪ではなく、固い骨でしょうか?

 

もし、骨ではなかった場合は自分でそのエラを解消することができるかもしれません。

 

 

改善方法は色々ありますが、まずはフェイスラインを整えてたるみや血流を解消することが大切です。

 

このとき手でマッサージするよりも、リファカラットを使うことでより効果的に引き締めることができます。

 

ほんのちょっとでもエラが小さくなると、人間の顔の印象は大きく変わり、小顔効果や若返り効果が期待できるのです。

 

 

そもそもエラとは?

 

エラと聞くと魚を思い出す人が多いと思いますが、人の顔にもエラがあります。

 

耳の下数センチのフェイスライン上にある角ばった部分で、ほとんど目立たない人もいれば、大きく角ばっている人もいます。

 

最近は固いものを食べなくなったため、顎が発達しにくくなりエラが張っている人も少ないと言われていますが、できれば発達したくありませんよね・・・

 

しかし、顎の発達は歯や骨格にも影響を与え、しっかり食べ物をかみ砕きつぶせる大きな顎が理想的なのです。

 

 

この人間にある顎のエラは、魚が呼吸するために使うエラの名残なのでしょうか?

 

人間はもともと魚だったという説がありますが、もしかしたらエラ呼吸をしていた証拠なのかもしれません。

 

そんなことを考えて調べてみると、顎のエラが魚の名残という説は見つかりません。

 

代わりに耳が魚のエラの名残という情報がたくさん見つかります。

 

 

たまに、耳の下に穴がある人がいるそうですが、その穴こそが魚のエラの名残で、日本人の10%程度の人にあるそうです。

 

私は、この穴を見たことがありませんが、10%って意外と多いですよね。

 

先天性の疾患で問題ない人がほとんどですが、炎症を起こした場合は手術する人もいるそうです。

 

 

エラを解消する方法

 

エラは骨だから整形手術以外に直す方法はないと思っている人が多いようです。

 

しかし、実際は全部が骨ではなく出っ張った部分が発達し、筋肉が固くなっていることが多いのです。

 

また、年齢と共に目立つようになるエラは、ほとんどがたるみです。

 

コラーゲンが不足すると土台が緩くなり、しっかり支えることができなくなることで、頬の肉が顎のエラ部分にたまってしまうのです。

 

ですから、この場合はリファカラットが解決してくれます。

 

しっかりとたるみを解消し、筋肉のコリをほぐすことで顔が一回り小さくなった印象を与えることができます。

 

エラがなくなると、驚くほど人相が変わり優しい印象を与えることができるようになります。

 

 

無理やり小顔にする整体などもありますが、一時的なものですぐに元に戻ってしまったり、傷みが続くなどの危険性もあります。

 

何よりも骨を強く押し込む痛みは嫌ですよね!

 

リファカラットならば、テレビを観ながらコロコロ、横になってコロコロ、お風呂に入ってコロコロ日常の中で取り入れることができるのでおすすめです。

公式サイト↓