顔の歪み矯正

リファ・公式サイト↓

顔の歪みを自宅で治す

美人の条件

美人の条件の一つに、左右の顔が同じであることがあげられます。
まったく左右が同じ顔である人はごくまれですが、
できるだけ同じにすることが美人の条件であるようです。

 

子供の頃は左右の顔が同じでも、年を重ねるにつれて顔にゆがみが出てきます。
顔にゆがみができてしまう原因には、日常生活の癖が大きく関係してきます。

 

1つ目の癖は、寝る姿勢です。
顔にゆがみがある人は、横向きの姿勢で寝ていて、いつも同じ方を下にして寝ている場合が多いようです。

 

解決策としましては、仰向けで寝るようにしていれば、
時間はかかりますが、次第にゆがみが改善してきます。

 

2つ目の癖は、食事の際に片方の歯でばかり噛む癖がある人です。
いつも片方の歯でばかり噛んでいると、顔にゆがみが出てしまいます。

 

解決策としましては、食事の際に意識して両方の歯で租しゃくすることです。
ガムを噛んで矯正するのもよいでしょう。

 

顔がゆがんでいると、せっかくの美顔も台無しです。
普段は気にならなくても、写真に写る自分の顔をみて愕然とする女性も多いと思います。

 

顔がゆがんでしまう原因の多くは、日常生活での癖によってです。
それらの癖を改善して、素敵な顔を手に入れましょう。
3ヶ月間続ければ、効果が得られるでしょう。

 

 

輪郭矯正が大切!

 

左右の顔があきらかに違って見える人の場合、顔の輪郭に問題がある場合が多いようです。
顔の輪郭が何らかの原因によってゆがんでしまっているのです。

 

20代以降の女性の中には、この悩みで苦しんでいる女性も多いのです。
鏡を見て気づく方が多いですが、撮られた写真を見て輪郭が歪んでいると実感する人もいます。

 

この悩みを解決するには、自宅で簡単にできる顔面エクササイズが効果的です。
やり方も簡単で、1日10分程度でも効果が期待できます。

 

エクササイズの方法としましては「あ・い・う・え・お」と口を大きく開けて発声するだけです。

 

注意点としましては、一語一語、大きく口を開けて正しく発声することです。
その際、耳の下から顎にかけて両手で包むようにしましょう。

 

両手で両方の顎を包むようにすることによって、発声する時に顎の歪みを知ることができます。
歪んでいる人の場合、「あ・い・う・え・お」と声を出した時、片方の顎が先に動いてしまいます。
片方だけが先に動いてしまう人は、左右両方の顎が同時に動くことに注意してやりましょう。

 

さらに、顎の周辺を優しく指先でマッサージすることも輪郭矯正に効果的です。
とても簡単で、1日10分程度で十分です。
効果の差は、個人個人によって違いますが、続ければ確実に効果を実感するでしょう。

 

 

公式サイト↓