歯の矯正と顔の歪み

リファ・公式サイト↓

歯の矯正と顔の歪み

顔がほんの少し歪んでいても、とても目立つものです。

 

人間の顔は左右対称ではない場合がほとんどですが、少し目の大きさが違う、眉の位置が違う、口角の位置が違う、頬骨の位置が違うだけで、整った顔には見えないのです。

 

歯の矯正

 

そのため、メイクなどでなるべく左右対称の顔になるように努力している人が多いようです。

 

しかし、顔全体の歪みはメイクでごまかすことはできず、髪や帽子で隠すなど見えないようにするしかありません。

 

顔の歪みの原因は様々で、生活習慣などが影響していると言われていますが、その中に原因が見つからない場合はかみ合わせのずれによる歪みかもしれません。

 

 

かみ合わせとは、上の歯と下の歯が?み合わさる時の状態です。

 

正常な場合は、上の前歯が下の歯よりも前に出ており、奥の歯は食べ物をしっかりかみ砕けるようにきれいに重なります。

 

しかし、歯並びが悪い人や骨格自体に問題がる人は正常な?み合わせにはならないのです。

 

この噛み合わせの悪さが顔の歪みにつながると言われており、悪化すると顔だけではなく体にまで歪みが生じることがあります。

 

 

最近は、学校の歯科検診によって噛み合わせの悪さを指摘されるため、早期に発見し治療ができるようになりました。

 

とは言っても歯の矯正は保険適用にはならないため、数十万円から百万円程度の高額な治療費が必要なため、全ての人が受けられるとは限りません。

 

 

気になる子供の矯正・・・いつから始めるべき?

 

もし、子供噛み合わせや歯並びに不安を感じた場合、いつから矯正を始めたら良いのでしょうか?

 

子供の歯は、小学生のうちにほぼ生え変わります。

 

実は、この時期の歯は未だ動くことがあり、新しい歯が大きかったり小さかったり、歯の大きさによっても違ってくるのです。

 

 

また、口の全体の大きさもまだ変わる時期に矯正を初めてしまうと、せっかくきれいに整ったものがまた元通りになってしまう不安があります、

 

そんなことを考えると、いつ矯正を始めるのが正解なのか?歯科医の話を鵜呑みにして損はしないのか?素人には難しい問題です。

 

 

親としては、できるだけ子供に負担の少ない時期になるべく短期間で矯正をしたいと思うはずです。

 

しかし、歯や顎の骨を矯正することは短期間ではできません。

 

成長段階に合わせて行うことが大切なのです。

 

 

全ての歯が永久歯に生えそろってから矯正を始めた方が元に戻りにくいと考えがちですが、実際はその時期では遅いケースも多いのです。

 

前歯が出ていたり受け口の場合、歯がガタガタに生えている場合は顎の骨がまだ柔らかい7歳から10歳の間に始めることで、歯を抜かずに矯正ができることが多いようです。

 

もちろん重度の場合は抜歯が必要になるケースがありますが、子供の負担を少なくするためにはその子に合った時期に開始することが大切です。

 

 

大人の矯正・・・費用と注意点

 

大人 歯の矯正 費用

 

「なぜ子供のころに歯の矯正をしてくれなかったの!」そう嘆いている人は多いと思います。

 

子供のころに歯の矯正をしっかり行うことで、大人になってから顔の歪みが生じることはなかったのかもしれません。

 

しかし、今でこそ子供の歯の矯正はどこの歯科でも行えるようになり、矯正の必要性を知る機会も多くなりました。

 

自分たちが子供のころはまだまだ矯正をする人は少なく、その高額な料金から誰でも簡単に受けることができるものでもないのです。

 

 

どうしても歯の矯正をしたければ、大人になってからでも間に合う方法がいくつかあるので、思い切って受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

大人になってからの歯科矯正は子供とは違い時間とお金がかかります。

 

歯や骨がしっかりしているため、簡単に動かないからです。

 

 

矯正方法は子供とほとんど変わらずブラケットを装着するのが一般的です。

 

しかし、これはかなり目立ってしまうため、仕事をしながら行うのは恥ずかしいと感じる人が多いようです。

 

そんな人が選択するのが目立たないマウスピースの矯正器具です。

 

透明で目立たなないので、人前に出る機会が多い人には最適ですが、窮屈に感じたり違和感から長く続けられない人も少なくありません。

 

料金も80万円程度が一般的で、どうしても子供よりも高額になってしまうことは覚悟しなくてはなりません。

 

 

このように、歯の矯正には時間とお金がかかり負担が大きいのですが、どうしても矯正して顔の歪みを解消したい人は、信頼できる歯科医を見つけることをおすすめします。

 

 歯をきれいに見せるのに矯正と同じくらい重要なのが、歯の白さではないでしょうか? 歯の色が汚いといくら歯並びがよい小顔の女性でも、一気にモテ度は下がると思います。歯が黄色、変色が多い人は、相手に不潔な印象を与え、さらに自己管理が出来ない人間という印象も与えてしまいます。アメリカでは歯並び、歯の白さが重要とよく言われますが、現在では日本もそれと同じです。例えばある企業では歯の白さが新卒の採用基準としてポイントが与えられているなんていう話も聞きます。 ただし歯の矯正同様、ホワイトニングもまた高額で知られていますよね。 そこで自宅で出来る歯のホワイトニングをご紹介しますので一度お読み下さい。継続しないと意味が無いようですが、クリニックでのホワイトニングよりかなり費用は抑えられます。 こちらから=歯のホワイトニングは自宅で始めよう!

公式サイト↓