顎関節症の症状

リファ・公式サイト↓

顎関節症の症状 治し方

顎関節症の症状という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

顔の左右が対照ではではなく、歪んで見える人の多くはこの病気の疑いがあります。

 

原因はさまざまですが、生まれつき顎関節症を患っている人はほとんどいないので、生活習慣によるものがほとんどだと考えられています。

 

顎関節症

 

顎関節症の症状は顔の歪みだけではなく、口を開けた時に音が鳴る、かみ合わせが悪い、口が大きく開かない、顎や関節の痛みや炎症などが挙げられます。

 

顎が何度も外れた経験がある人も 顎関節症の可能性が高いので、専門医を受診することをおすすめします。

 

 

痛みを伴わないうちは口を開けたときに関節が引っかかるような違和感を感じるだけで、特に生活に支障が出ない場合が多いようです。

 

ですから、そのまま放置してしまい顔の歪みが生じてしまうのです。

 

最初は顎の歪みだけですが、徐々に顔全体が歪み出し口角や目の位置までも変わってしまいます。

 

 

外見が変わるほどの顎の歪みでも、実際は関節がずれているだけの場合がほとんどです。

 

この段階で治すことができると、骨の変形まで進行せずに改善させることができます。

 

歪みを長時間放置することで、関節だけではなく骨まで変形してしまうので、早めの気づくことが大切なのです。

 

 

病院での治療と予防法

 

顎関節症を病院で治すとしたら、どのような治療法があるのでしょう?

 

実は、この症状で苦しんでる人はとても多く、その原因はさまざまなのです。

 

病院に行くほど痛みや歪みを感じている人への治療は、その原因を特定することから始めなくてはなりません。

 

 

かみ合わせや虫歯などが原因の場合は、当然その治療を行う必要がありますし、軽度の場合は痛み止めなどを使いながら自然に治す方法がとられます。

 

もちろん、何もせずに治るのではなく原因になっている生活習慣を見直すことが大前提です。

 

 

他にもマウスピースや整体など、その人に合った治療法を行うことで、顎関節症を改善することで顔の歪みも治すことができるのです。

 

 

顎関節症は自分で治せる?

 

病院に通うほどではないけれど、なんとなく気になる程度の人は自分で治すことができるでしょうか?

 

軽度で歪みがそれほど出ていない、痛みがない場合は自分で治すことができ、毎日の生活を見直すことで以上進行を止めることも可能です。

 

しかし、痛みや炎症がある場合はすぐに専門医を受診しましょう!

 

顎関節症 歯科医

 

顎関節症の原因は遺伝によるかみ合わせや悪い生活習慣、柔らかいものばかりを食べることによる顎の未発達によるものがあります。

 

まれに矯正や虫歯治療の失敗が原因になっていることもあります。

 

かみ合わせや歯科治療が原因の場合は、自分で治すことはできないので病院に行くしかありません。

 

しかし、顎の未発達や姿勢、片方だけで噛む癖などが原因の場合は、それを改善し顎を鍛えることで治すことができます。

 

 

まずは、猫背や片方に体重をかける癖、食べ物を同じ顎だけで噛む癖を直さなくてはなりません。

 

長年その癖を続けていることで関節や筋肉が片方だけ発達しています。

 

それを急に変えることは難しいのですが、徐々に重心を真ん中に戻すような感じで工夫してみましょう。

 

 

食事のときは、なるべく固いものを時間をかけて噛むようにし、ガムを使って弱い顎を鍛えるのも効果的です。

 

最初は違和感がありますが、徐々に慣れてくるので続けることが大切です。

 

 

また、滞った血流を促しリンパの流れを解消することも顔の歪み解消には必要です。

 

顎関節症の人は、本来両方の顎を使って食べ物を砕くものを、常に片方だけに頼っています。

 

ですから、関節や筋肉が酷使され硬くなっているので、リファカラットを使ってマッサージすることは大変有効です。

 

 

顎関節症は、顔の歪みだけではなく体の不調の原因にもなるものです。

 

なるべく早く改善し、骨の変形まで進行しないように気を付けましょう!

公式サイト↓